ファリネは危険で副作用がある?即効性は?

簡単手軽な手汗対策用制汗パウダー「ファリネ」と制汗成分塩化アルミニウムを含んだ「オドレミン」、手汗対策の制汗ジェル「フレナーラ」を比較してみました。ファリネは危険なのか?即効性があるのか、毎日使用するものだから副作用も心配ですよね。そこで今回は読者モデルmioが、気になる「オドレミン」と「フレナーラ」をファリネと徹底比較してみました!もちろん、危険性や即効性、副作用まで、詳しく見ていきましょう!

\ファリネが初回70%オフでお得です!/
⇒ファリネを公式サイトで見る

ファリネは危険?成分を調査してみた!

ファリネは危険なのでしょうか?毎日使用するものなので、危険なものは使いたくないですよね。そこで「ファリネ」の成分を調査してみました。

ファリネに含まれている成分

  • 有効成分

・クロルヒドロキシアルミニウム…汗を止める効果があります。
・酸化亜鉛…汗を素早く乾燥させてくれます。

  • その他の成分

・チルハイドロジェンポリシロキサン
・セリサイト
・ミリスチン酸マグネシウム
・タルク
・無水ケイ酸
・アクリル酸アルキル共重合体
・シリル化処理無水ケイ酸
・セルロース末
・麻セルロース末
・フェノキシエタノール
・メチルポリシロキサン
・植物性スクワラン
・トリメチルシロキシケイ酸
・天然ビタミンE

「ファリネ」は全成分が厚生労働省認可の医薬部外品指定成分で出来ています。安全性には特化しており、「パウダータイプ」なので界面活性剤が使用されていないという点でも非常に評価が高いと言われています。市販されている制汗剤の中では最も肌荒れリスクが少なく安全で、安心して手汗を抑えることができる商品だと思います。

ファリネとオドレミンを比較①成分

ファリネとオドレミンの主な成分を比較していきましょう。
ファリネに含まれる主な成分の「クロルヒドロキシアルミニウム」は医薬部外品指定成分で、その効果・安全性が証明されている成分です。
そして、オドレミンに含まれている主な成分が、「塩化アルミニウム」なんです。この塩化アルミニウムは、実際に多汗症の制汗療法として使用されている成分なのですが、手荒れや炎症が起こるので、手汗のために継続して使用することは非常に危険を伴います。オドレミンは全身・ワキガ用の制汗剤として作られているので、そもそも手汗用ではないんですね。

ファリネとオドレミンを比較②価格

ファリネとオドレミンの価格を比較していきましょう。

金額だけで見てみると、オドレミンの方がかなり安いことが分かります。しかし、ファリネにはお得な定期コースや返金保証もついています。そもそもオドレミンは手汗用ではなく全身用として作られているため、価格が安くなっているんですね。

ファリネとフレナーラを比較①成分

ファリネとフレナーラの成分を比較していきましょう。

ファリネもフレナーラも、配合成分は医薬部外品認定を受けた成分を使用しています。そのため肌に与える影響は非常に少なく、安心して使用できる成分だと思います。少し気になるのが、フレナーラに含まれている界面活性剤のPOE硬化ヒマシ油ですね。配合されていて「肌に良い」ということは絶対にないので、心配な方はすべて安全な成分で作られている「ファリネ」を使用する方がいいでしょう。

ファリネとフレナーラを比較②価格

ファリネとフレナーラの価格を比較していきましょう。

定期初回価格だけ見ると、フレナーレの850円は驚異的な価格ですよね。「手汗用制汗剤」という数自体がまだまだ少なくて希少価値があるんですよね。そのため、独占状態になって価格も高くなってしまっていると思います。もっと手汗用の制汗剤が世の中に広まれば、少しずつ価格も下がってくると思います。安さだけにひかれて、汎用性の高いワキガ用の制汗剤を手汗用として使用しても効果がないのでご注意ください。ワキと手では汗腺が違うので効き目はないです。

ファリネ持続時間は?

ファリネの持続時間はどれくらいなのでしょうか?
ファリネの開発者がアンケート調査をして、汗をどうしても止めないといけない時間というのは、2時間程度ということが分かりました。しかも、2〜3時間の効果なら安全性が高くて肌に優しい成分で開発が可能になります。よく外国製品などで「長時間汗を止める!」というような商品がありますが、やはり成分も安全なものではないものが多く、肌荒れやかゆみなどの副作用が現れる方も少なくありません。ファリネ1回の持続時間は約2〜3時間となっています。

その方の体質や手汗の量などで、手汗を抑えられる時間が人によって変わってくると思います。おおよその目安と考えておいた方が良いでしょう。

ファリネ口コミ!効果なし?

良い口コミはたくさん見かけますが、ファリネの悪い口コミはなかなか見ないので探してみました。ファリネの口コミを見ていきましょう。

  • 塗布する時にも事前に手を洗っていても、パッティング中に汗をかいてしまい台無しになってしまいます。 なので、一番確実な使い方が中蓋まで開けてパウダーを直接取って塗ることです。(32歳/女性)
  • サラサラするけど、またすぐ手汗かいちゃいました。パウダーはすごく細かくて使い心地はいいから、これがもっと持続してくれればな~(23歳/女性)
  • 私にはあまり効果がありませんでした…。つけても数分でまたいつも通り手汗が。一日中常にパウダーをつけておきたいくらいですが、そうもしていられないし。持続しないのが残念です。(21歳/女性)
  • 重度の汗っかきの私には、ほとんど効果がありませんでした…。 乾燥した状態で多目にファリネをつけても、数十分後にはもとの湿った手に戻ってしまいました。 しかし、肌につけていて心地よく、品質は良いものだと思います。(28歳/女性)
  • もともと手汗がひどいので完全にはよくならないのかなと。 風が吹いている時や風がある場所(冷房がきいている室内など)ではサラサラになりますが、無風状態だと完全には抑えられない印象です。(23歳/女性)

良い口コミも似てみましょう!

  • ファリネ、大切に使わせてもらってます。 最初は効き目が少ないと思いましたが、はたく量を増やしたらいい具合です。 まったく手汗をかかないわけじゃないけれど、以前に比べたら劇的にサラサラです。 小さい容器なんで、持ち歩こうかなと思います。(25歳/女性)
  • エクリン腺に反応するとの事。 今までの他の商品とは違うと思います。 神経質な為、なかなか治らず困っていたが、まだ100%ではないが、この商品は良いのかなと思えるので、しばらく使ってみようと思います!!(42歳/女性)
  • 使用感はとてもよく、子どもも気に入っております。始めて使ったときは「わあ!」と本人も感動しているようでした。本当にありがとうございました。(45歳/女性)

ファリネの評判が良いので悪い評価を探すのが大変でした(笑)色んな体質の方がいるので効果も様々ですが、最低でも3回以上(3ヶ月)は使ってみてください。継続利用した方が効果を感じやすくなります。

ファリネは危険で副作用がある?即効性は?まとめ

今回は、手汗対策用制汗パウダー「ファリネ」と制汗成分塩化アルミニウムを含んだ「オドレミン」、手汗対策の制汗ジェル「フレナーラ」を比較してみました。いかがでしたでしょうか?かゆみ、炎症、手荒れなどのリスクが低く、安全性で優れているのはやはり「ファリネ」だと思います。ファリネより価格が安いものもありましたが、毎日使うものですし、安全性を考えるとファリネを使用した方がいいと思います。

ファリネには60日間の返金保証制度があるので、万が一肌に合わないなどの問題があったときは商品到着から60日間以内であれば商品代金が戻ってくるので初めて使う人でも安心してお試しできます。市販の制汗剤にはこのような返金保証特典はついていないので、手汗に悩んでいる方はこの機会にぜひお試ししてみてください!

「ファリネがおすすめ!」

ファリネを使うと、恋人や友達と手をつないだり、書類を汗を気にすることなく扱ったりすることが今すぐできるようになります。今までの悩みも解消されます。

無添加・無着色で肌にも優しいですよ。

定期購入でかなり安くなるので、管理人mioのおすすめファリネについて詳しく見てみてくださいね~。

\無添加で肌に優しい!/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする