手汗手術の料金はいくら?後遺症は大丈夫?

手汗が酷い人っていませんか?何もしていないのに手汗が垂れてくきて悩んでいる人も少なくはないはずです。手汗って手術できるって知っていましたか?手術で恥ずかしい手汗が治るならチャレンジしてみたいですよね。しかし、料金や後遺症って気になりませんか?今回は手汗手術の後遺症と料金について書いていきますので、手汗で悩んでいる人は是非参考にしてみてくださいね。

手汗の手術!料金はいくら?

では、まずは手汗手術の料金についてみていきましょう!
料金って結構大切ですよね。

ETS手術

この手術は、内視鏡下胸部交感神経切除術と言って短時間で終わり、体への負担少ないので人気の高い手術方です。費用は、病院によって違いますが健康保健が適応されますので3割負担の場合実際に支払う費用は平均10万円程度が多いです。高度医療費の返還手続きを行えば、後々手術代の一部が返還されることがあります。いくら以上が高度医療費になるかは、自分が加入している健康保健によって異なるので確認しましょう。

手汗手術で後遺症はある?

ETS手術について少しは理解していただけたでしょうか?
短時間で終わり、料金も安くて手汗で悩まなくて済むなら受けたい人も少なくはないと思います。
しかし、この手術には後遺症があることを忘れないでください。では、どんな後遺症があるのかみていきましょう。

代償性発汗

代償性発汗とは、このETS手術により手汗は止まります。しかし、他の場所からの汗が増えるということです。
多くの人は、手汗が止まったがその代償性に下半身の汗が増えるという後遺症があります。簡単に言えば、手汗は止まったが下半身の足汗増えてしまい悩む人が多いようです。
また、手汗が止まることで冬場特に手がカサカサに乾燥してしまいハンドクリームが手放せない状態を引き起こしたり、手の皮膚の感覚が変わり少しの温度差も違和感を覚えてしまうようになります。
これらが、ETS手術を受けて起こる後遺症になります。

手汗手術の中身は?

ETS手術の後遺症少しは理解していただけたでしょうか?後遺症を理解してもなお、ETS手術を行ってみたい方が次に気になるのは、ETS手術の中身ですよね。一体どんな流れで手術を受けることができるか?ではないでしょうか?次に、ETS手術の中身を紹介していこうと思います。しかし、あくまで参考ですので病院によって流れなどは違うと思いますので受診されるかたは病院に直接お尋ねください。

1) 事前のヒアリング

ここで、後遺症や手術の流れが説明されます。

2) ETS手術

事前ヒアリングが終わり、後日手術になります。
全身麻酔後、内視鏡で胸部の交感神経を切断します。全身麻酔ですので、手術中の痛みはありません。

3) 退院

全身麻酔から覚醒したら帰宅します。大体の病院は日帰りで帰宅することができます。
車の運転は危険ですので、公共交通機関を使用するなで病院へ行くようにしましょう。

4) アフターケア

後遺症の確認や手術後の計画を確認していきます。
何か気になることがあったらすぐに担当医に聞くようにしましょう。

手汗手術の料金はいくら?後遺症は?まとめ

最近は、医療も進み短期入院もしくは半日で退院でき、手術時間も約30分程で終わるなんてすごい進歩ですよね。しかし、その裏で後遺症などでさらに悩まないといけないことあるということは理解しておかなくてはいけませんね。
手汗が酷い人は本当に今悩んでいると思います。しかし、手術だけでなく最近では手汗を抑えるハンドクリームなどもあるようなので 後遺症が残る手術は最終手段にするようにしましょう。手汗が止まり、手汗で人と手を繋げなくて悩んでいる人もしっかり治療してもっと楽しい人生が歩めるようにしたいですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする