汗で手の甲に湿疹が出たときの対処法おすすめは?

汗で手の甲に湿疹が出たことないですか?出かけ先で汗で手の甲に湿疹なんてできたらせっかくのお出かけも楽しくないですよね。そこで、汗で手の甲湿疹ができたときの対処法でおすすめを紹介していきますので手の甲に汗で湿疹ができてしまう人は是非参考にしてみてくださいね。

汗で手の甲に湿疹!原因は?

汗で手の甲に湿疹ができてしまう原因がわかっていたら湿疹ができても焦らずに対処法がわかりますよね。汗で手の甲に湿疹できる原因は一体なんなんでしょうか?早速、汗で手の甲に湿疹ができてしまう原因をみていきましょう。

汗疱性湿疹

見た目水虫のような形をしています。しかし、汗疱という病気が悪化したものが汗疱性湿疹になります。

汗疱とは汗をかきやすい人が、汗が全て皮膚から出きらずに皮膚の下に溜まってしまう病気です。

この汗疱が破れて湿疹なったのが汗疱性湿疹です。症状としては、痛みとかゆみがあります。

異汗性湿疹

手の汗が多い時に汗腺が詰まってしまい、細菌が入ることで水ぶくれのような湿疹ができるのが特徴です。

手汗で常に手が湿っている状態は細菌も繁殖しやすい状態なので、体調が優れない時などは体が細菌に負けてしまい湿疹が出やすくなります。

汗で手の甲に湿疹!対処法は?

手で汗の甲に湿疹ができる原因が少しは理解していただけたでしょうか?では、次に原因がわかったところで対処法をみていきましょう。対処法がわかっていたら手の甲に湿疹ができて焦らず対処していけますよね。

皮膚科で薬を処方してもらう

一度でも汗で手の甲に湿疹ができてしまった人は、皮膚科で処方してもらった薬を塗ることですぐに良くなります。今手に甲に湿疹ができていて悩んでいる方は、楽しい用事がある前に皮膚科に行って薬を処方してもらってくださいね。薬を持っていると、手の甲に汗で湿疹ができても安心できますよね。

手を清潔にして保湿をする

一度薬で治っても日々のケアをしないとまたすぐに湿疹が出てしまいます。ですので、日々のケアが必要になります。そのケアの方法は、手の皮膚環境を正常な状態保つことが重要です。

手汗を気にしている方は、ベタつきを嫌う人が多くいますよね。ですのでもちろん、ハンドクリームで手を保護する習慣がない人がほとんどなのではないでしょうか?しかし、皮膚状態を正常にして、肌を細菌から守るためには保湿が大切になるので常にハンドクリームを使用するにが苦になる方が、朝と、寝る前だけでもハンドクリームを使うようにしてくださいね。

手汗を防ぐ

湿疹の原因である、手汗を抑えてしまえばいいですよね!

手汗を抑えるものは、塩化アルミニウムです。しかし、塩化アルミニウムは肌にすごく負担がかかるのがデメリットになってしまいます。直接、塩化アルミニウムを手に使うのは少々リスクが大きいので手の汗で甲に湿疹が気になる人は、肌に優しい手汗用の制汗剤を使用すること一番望ましいです。

今は、手汗用の制汗剤の種類も豊富ですので自分にあった制汗剤を選んでみてくださいね!

汗で手の甲に湿疹が出たときの対処法おすすめは?まとめ

汗で手の甲に湿疹ができる原因や、対処法は少しは理解していただけましたか?

水ぶくれのような湿疹ができてしまった場合、潰したくなる気持ちもわかりますが細菌が入るとさらに悪化させてしまう原因になるので、できた場合はまずは皮膚科に行ってお薬を処方してもらってくださいね。治っても、再発する恐れはありますので治った後もケアをしっかり行うようにしてくださいね。ハンドクリームを使うのが苦手な方も細菌はベタつきのないものもありますので使用してみてくださいね。

せっかくの夏のお出かけで汗で手の甲に湿疹ができても、悩まず楽しい思い出を作ってくださいね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする